前へ
次へ

ロフトスペースのある部屋のメリット

ワンルームでは収納スペースが足りない方の引っ越し先として、ロフトスペース付きの賃貸物件が人気です。ワ

more

広さは似ていて使い勝手が違う2DKと1LDK

賃貸物件の情報にLDKがありますが、それぞれリビングとダイニングとキッチンを表し、一定空間があること

more

マイホームの決め手となったこととは

今までは賃貸物件に住んでいたのですが老後のことも考えてマイホームを購入するかどうかを夫婦で話し合うよ

more

二人の時間を楽しみやすい1LDKの物件

賃貸物件の情報として間取りがあり、数字にLDKを付けて表すときがあります。LDKはリビングとダイニングとキッチンで、通常はつながっていることが多いです。そして数字はそれ以外の部屋がいくつあるかになります。1LDKならLDKの空間があってそれ以外に一つ部屋がある間取りになります。もちろん物件で広さは異なります。若いカップルが賃貸物件を利用して住もうとするとき、比較的選ぶことが多いのが1LDKかもしれません。同棲状態もあれば新婚ほやほやもあるでしょうが、この時期は部屋の中にいるときはできるだけ一緒に過ごしたいと考えています。一つある部屋は寝室にし、それ以外のスペースで食事をしたりくつろいだりできます。普通に暮らす分には1LDKで問題ありませんが、一方が趣味を持っていたり自宅で仕事をしたいときなどは注意した方がいいでしょう。1LDKは二人一緒で過ごす時間が長い人にはぴったりですが、個々に過ごしたい時間が欲しい人には合わない間取りになるときもあります。

北九州での暮らしサポート
不動産のことならアンサー倶楽部

住宅ローンのお悩みスピード解決
審査に関するお悩みプロが解決します

葛城 注文住宅

生涯現役!イキイキサポート
ブロリコがあなたの健康を支えます

野菜不足の方に最適なサプリメント

Page Top